iPadでここまでできる!活用術徹底紹介! TOP

このサイトについて

2010年にアップル社から発売されたipad。
まだ日本ではタブレット型のPCに馴染みがない中で、あのアップル社から発売されたということで随分と話題になりましたよね。
ディスプレイのみのフォルムも印象的でしたし、スマートフォンと同じく画面にタッチして使うという操作法も印象的でした。
パソコンと同じように、使用する用途は人それぞれ、 使う人が違えばまったく別物になるという 自由度の高さも特徴で、 当時放送されていたCMでは音楽に使ったり、 本を読むのに使ったり、フォトフレームとして使ったり、 まさに魔法の板といった感じでした。
ノートパソコンと違ってバッテリーの持ち時間も 10時間と眺めで、外出先でもバッテリーの残りを 気にすることなく使用できるのも魅力的でした。
ただ、初代のipadは大きさと重さが少々ネックでした。
730gありましたから、ずっと手に持って使うには 少々重過ぎまたし、フォルムなどもまだまだ 発展途上な印象も強かったです。
新しいモデルが登場するにつれて、 その点もどんどん改善されていますし、 使用できるアプリも増えてきています。
スマートフォンの普及でタッチジェスターにも 抵抗がない人が増えてきましたので、 ipadは私たちにとってより身近な存在になっていきそうです。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    データベースセキュリティソリューションにより、詳細なログ取得でデータベースへの接続者を特定するSQL暗号化技術を導入することにより、データベースと連動する既存アプリケーションの修正をせずに、作業内訳を記録/保管できる特徴を持っているのでオススメです。
    回線を切り替えても緊急特番への通話や発信者番号通知サービスなどの基本サービスが今まで通り使える固定電話から無料通話が可能なサービスを探しているなら、転送サービスやナンバーディスプレイなど、NTT東日本・NTT西日本・KDDIの固定電話サービスとほぼ同等のものが利用出来るのでオススメです。
    国内社内通話が24時間無料で社外通話も10~30%割引になるおとくラインのモバイル向けサービスを考えているなら、余った無料通話を分ける事が出来るのでオススメです。
    転送設置を忘れて外出しても、外出先から転送サビースのON/OFFができる多機能転送サービスを考えているなら、無条件転送や無応答時転送、話中時転送、応答後転送など、転送パターンも充実しているのでオススメです。
    Copyright(C) iPadでここまでできる!活用術徹底紹介! All Rights Reserved.